新幹線発祥地モニュメントで待合せ!?待てずに飛び込む「だいご」の灯り

新幹線発祥地モニュメントこの数日、台風の影響で大雨が続いています。それでも何かと理由を付けて街に繰り出すのですが、この日は幸いにも仕事仲間との会食の予定。

夕方までにきっちりと打ち合わせを終え、さぁという気持ちになったところで時計を見ると、まだ待ち合わせの時刻まで1時間余りありました。

待合せの場所はJR鴨宮駅の南口。

分かりやすいようにと「新幹線発祥の地モニュメント」が立っている近くで待ち合わせしていましたが、ココで待っていても相手が来るのにはまだ1時間以上もあります。

さて、どうしたものか…

おとなしく移りゆく空の景色を眺めながら、心穏やかに相手が来るまでの1時間を適当につぶして待つか…。

なんて考えていると、飛び込んでくる呑兵衛のハートをがっちり鷲掴みにする灯りが見えました。

だいごの外観①

これはこれは…

暗くなりつつある辺りに、煌々と輝く赤い看板。

遠くから見てもそこに、呑兵衛に送られる嬉しいサインの提灯。

だいごの外観②

吸い込まれるように近づいて行くと、ビシバシと伝わる美味いもんのウネリ。

もうここまで来てしまっては1時間をおとなしくなんて待っていられません。

 
ということで…、入店!

だいごのメニュー①

看板メニューのホルモンの焼鳥は、一本130円からとリーズナブル。

だいごのメニュー②

その他のメニューも何とも何とも…。モツ煮込みが450円とは、呑兵衛の淋しいお財布を気遣ってくれています。

だいごの茹落花生

ちょうど季節ものの茹で落花生があったので、迷わずビールと共にオーダーしてこの状態。仕事仲間との会食前に、ちょっと待っているにはちょうど良いカウンター席で一人で先に始めてしまいます。

だいごの焼鳥

さすがに落花生だけではお店に失礼かと…、自分が食べたいだけだったという噂もある焼き鳥を頼みます。

店内には地元の人?と思しき天才的な呑兵衛さん達が、上機嫌に笑い、上機嫌で酒を酌み交わしています。

そのBGMに心を和ましながら、一本一本丁寧に焼かれた焼き鳥をパクリ。

焼き鳥は「塩」が大好きな典型的な呑兵衛の舌を満足させてくれるお味でした。

 
あぁ~、酔っぱらう…

Pocket

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

小箱新聞の最新情報をお届けします

関連記事

ページ上部へ戻る