今も昔も、やっぱりここ。箱根神社に参拝が気持ち良いで決まり!

箱根神社でお参り

さっそく動き出した小箱新聞。

本日は、編集長が自ら足を運んだ箱根の大事な大事なポイントの箱根神社をご紹介。

関東総鎮守、箱根権現と言われ崇拝されているのは皆の知るところ。

箱根大神(はこねのおおかみ)が祭られ、その昔から東海道中の無事の祈願などで賑わいました。

箱根神社

実はここ、交通安全のご利益(りやく)があると言われていて、自動車を替えるたびに安全祈願の御祈祷をしてもらっているところ。

今回もニューカーとともに、御本殿裏駐車場まで上がってお払いをしてもらいました。
(下の社務所で「車のお払い」と言うと、普段は通れない道を案内してくれます。)

お払いを終えて、ここ数年来『縁結びパワースポット』として、特に有名になった箱根神社の御本殿横にある九頭竜神社(新宮)にお参り。

箱根樹木園内に御鎮座されている本宮から御分霊を奉遷し、鎮祭されています。

この日は、本宮(離れているほう)の月次祭の日ですが、新宮にもこんなに人が参拝、渋滞…。

九頭竜神社

 
人気です。

 
お守りも九頭竜神社のものが好評だとか…。

ありがたいものをいただいた

そしてそして、今回の箱根神社の御祈祷で、以前の御祈祷では無かったものがもらえました。

牛玉宝印(ごおうほういん)という「守り札」です。

いつから始まったのでしょうか…。

いつもいただく、直会(なおらい)としての「おさがり」とともに、説明を受けつついただきました。

牛玉宝印

この牛玉宝印(ごおうほういん)は神様との誓いに付して用いられたほか家の中や玄関に貼って、家内安全や厄除け・盗難除けの守り札としても用いられてきました。

貴台には鎌倉時代から続く嘉例(かれい)に倣い、牛玉宝印を身に付けて、誓われた事柄を実践され(また神棚に奉安のほか、家の中や玄関に貼られて)箱根大神の大きな御加護を戴かれますよう祈念申し上げます。箱根神社

(守り札の入れ物から記載転用)

なんかとてもありがたいデザインで、嬉しい。

そしてちゃんとパウチされているところが、さらに嬉しい!

さっそく財布に忍ばせました。

箱根神社の参道

いつも行くと感じる「霊験あらたかな空気」は身が清まります。

やはり欠かせないな…、箱根神社。

 

施設詳細

箱根神社
  • 住所:
    足柄下郡箱根町元箱根80-1
  • TEL:0460-83-7123

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

小箱新聞の最新情報をお届けします

この記事の著者

編集長

編集長

小さな頃から小田原・箱根エリアとともに育つ。なのであまりにディープ過ぎて普通の人には使えない情報も。ゴルフが趣味なのに、それでいて故障してばかり。この頃お酒が弱くなってしまった。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る