大涌谷定点観察~編集長の現場レポート~Vol.13

直近の大涌谷の情報です。

身体で感じる今日の大涌谷

【大涌谷定点観察ポイント@仙石原某所】

観察時間:2015/09/29 AM09:31
天候:うす曇り

9月29日の大涌谷
(立ち入り禁止区域を避けているので、全景が撮れず遠目の画像でご容赦ください)

 
1.《目》-「外観」
穏やかなうっすらとした陽に、ゆっくりと噴出する蒸気が見える。

2.《耳》-「音」
聞こえない。

3.《鼻》-「匂い」
なし。

4.《体感》-「振動」
まったく感じない。

5.《その他》
早川の濁りもすっかり消え、噴火騒動の前に戻った。

 
《編集長のコメント》

噴火警戒レベル引き下げにより、箱根に活気が戻ってきました。

火口周辺の立ち入り規制は残ってはいるものの、ごく僅かの部分のみとなりました。

このシルバーウィークには多くの観光客が箱根に訪れてくれました。

夕方に箱根湯本駅周辺を自動車で通過するときには、「どこかでお祭りでもあるのか?」というくらい混雑しており、今までの箱根が戻ったと感じました。

まだまだロープウェイが運休(警戒レベル1になれば再開)しているなど、完全ではありませんが、浴衣姿でそぞろ歩くお客様の笑顔には、私たちも逆に癒されます。

「良かった・・・」

これから箱根も秋本番。

11月から12月初旬までは紅葉のシーズンです。

皆さんの暖かい気持ちのおかげで、箱根も動き出しました。

今回で定点観測をしばらくお休みさせていただこうと思います。

これからは何か動きがありましたらお伝えしていこうと考えております。

よろしくお願いします。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

小箱新聞の最新情報をお届けします

この記事の著者

編集長

編集長

小さな頃から小田原・箱根エリアとともに育つ。なのであまりにディープ過ぎて普通の人には使えない情報も。ゴルフが趣味なのに、それでいて故障してばかり。この頃お酒が弱くなってしまった。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る